• このエントリーをはてなブックマークに追加

東京のビル管理会社のサービスを上手に活用する

東京には全国から人が集まってきます。つまり人口が多いということですが、人口が多いということは不動産経営、具体的にはマンション経営が自然と盛んになることを意味します。ですから、マンション経営が成功する条件がそろっていることになりますが、単にマンションを建てればすぐに成功するというほど甘くないのも事実です。
マンション経営にはいろいろな要因がありますが、それらをすべて理解しているオーナーさんはあまりいません。中には専門知識を持ち合わせ大会社の不動産経営に負けないやり方を実践している人もいますが、そうしたケースは稀です。多くの人が経営者という感覚ではなく大家さんという感覚で行っています。
そのような大家さんをサポートする役割を担っているのがビル管理会社という業種ですが、東京というマンション経営が盛んな地域では特に重要な意味を持っています。

東京のビル管理会社が提供している業務内容

マンション経営を行うには社会的責任も発生します。多くの人が集まって生活をするのですから衛生管理も重要な責任です。具体的には害虫やネズミなどの駆除は重要なことですし、飲み水を常に清潔にしておくために水質検査や貯水槽・給水管・排水管・浄化槽などの清掃などもオーナーさんの責任です。それ以外にも日々の作業として植栽の管理や建物の清掃などを行う必要があります。
マンション経営とはこれらのことをクリアして初めて成り立つわけですが、管理会社はこれらの業務を請け負うだけのサービス力を持っている必要があります。さらに高級なビルになりますと求められる業務も多岐にわたり受付案内業務やメールサービスなどもあります。
オーナーは会社を選ぶときはこれらの業務についてもしっかりと理解しておくことが必要です。

大切なことはトータルでサービスを提供できることです。

オーナーとしては入居者入って初めて経営をしたことになりますのでビル管理会社に求めるものも多岐にわたることになります。これまで説明してきました以外にも設備管理という業務があります。これは電気通信設備関連ですが、屋内配線や照明、非常用発電および自家発電関連機器のついての保守義務などです。どれほど立派なビルであっても稼働して初めてビルとして役割を果たすことができます。
そのほかには空気調和設備も重要です。ボイラー、冷凍機、冷却塔や送風設備の運転保守やエレベーター、エスカレーターなどの運転保守、そして集合住宅に絶対に欠かせない消防用設備は特に重要で警報機や消火器、避難設備の保守点検などがあります。
このようにビルを管理するということは多種多様な業務を請け負うことですが、そのうえでオーナーにとって重要なことは1社の管理会社に依頼することで済ませられることです。そのようにすることでトラブルに対処することも可能ですし、効率的になるからです。

ホルムアルデヒド測定は26000円です。 ビルの管理をサポートさせて頂きます。 サービスエリアは、関東(東京都/神奈川県/埼玉県/千葉県)、関西(大阪府/京都府/兵庫県/奈良県) 弊社は、人々が笑顔で過ごせる空間をお届けするために、清掃管理業務、管理衛生業務、設備管理業務等ビルの管理をトータルにサポートしております。 関東、関西以外は別途交通費が加算されます。 ビル管理会社を東京でお探しの方はこちら!